ひげ魔人のガンプラ&フィギュアコレクション日記
ガンプラとフィギュアの紹介を中心にブログを更新しています。
今回は完成した、HGUC百式の写真を撮影しました。
あまりうまく撮れませんでしたorz

写真は編集ソフトで、明るさを変更しています。
まずは1枚目
HGUC百式
パッケージを意識して、撮影しました。
バックは黒色の画用紙を用いています。
自分が百式に入り込まないように、三脚で固定しセルフタイマーを
利用して撮影しました。光源として電気スタンドも用いました。

でも、最後は画像編集ソフトのお世話になってしまいましたが・・・

気を取り直して2枚目と3枚目
HGUC百式

HGUC百式


正面からとバックからの2枚です。
メッキ処理されていると、反射が素晴らしいですね~
ちょっと、ほこりがかぶってしまっているのが残念です。

さぁ、どんどん行きますよ~
次の2枚は武器を装備させての撮影です。
HGUC百式

HGUC百式

ビームサーベルとバズーカーをそれぞれ、装備させてみました。
それぞれ、いい感じになっていると思うのですがいかがでしょうか?

ポーズが取らせにくいという欠点があることを、
今回の撮影で痛感しました。

ビームサーベルの手持ちの部分は塗装したかったですね~
キットのバランス自体はかなりいいので、
あまり気になりませんけどすこし残念です。

さて、百式の可動範囲についても撮影してみました。
HGUC百式

「ふざけてなんかいないんだからね」と言いたくなるほどです。
本当にここまでの範囲しか、広げられないのです。
ポーズを取らせ遊びたい人には、少し物足りないかもしれません。

最後にアクションベースを使って1枚
HGUC百式

アクションベース、さまさまですね~
特に宇宙で戦うシーンを再現するときは、かなりいいです。

百式の撮影会は、これにて終了です。

次はガンプラにインタビューのコーナーで、
紹介できればいいのですが・・・

そ、それでは(^_^;)


<その6HGUC 百式製作 一覧

【HGUC 百式 製作】
製作 一覧その1その2その3その4その5その6|その7|



HG UNIVERSAL CENTURY 1/144 百式 MSN-100HGUC 1/144 百式 MSN-100
メッキ処理されたキットになります。
パーツを切り出す際に、
ゲート後が外側にでないように、
工夫されたキットで完成度が高いです。
バランスもとてもよく、
百式が好きな人にはおすすめです。

商品詳細を見る
スポンサーサイト


にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ ブログランキング参加中
よかったらクリックお願いします(^o^)/ →
百式制作続きです~
今回はバックパックと、頭部です。

まずは、バックパックから
写真から分かる、人もいるかもしれませんが
いつもなら、首の部分に使われているポリキャップが
使われているんです。
HGUC百式

バックパックを組んで、バーニアをガンダムマーカで
赤く塗装してみました。今回初めてガンダムマーカを
買って使ってみたのですが、やはり使いにくいですね~

なれていないのもあるんだと思いますが・・・
HGUC百式

あとは、メッキの部分を組み立てます。
HGUC百式

さぁ、制作も終盤あとは、頭部と武器です。
頭部もゲート処理は、あまり必要ないので
楽に組み立てることができます。
HGUC百式

さて、最後は武器です。クレイバズーカ、ビームライフル、
ビームサーベルの3つがセットとして付いてきます。

写真はクレイバズーカとビームライフルです。
ビームサーベルは撮り忘れてました

ちなみにビームサーベルの持ち手は、メッキではありません(残念)
HGUC百式

さて次回は完成した百式を、撮影した写真を紹介していこうと
思います。それでは~


<その5HGUC 百式製作 一覧その7>

【HGUC 百式 製作】
製作 一覧その1その2その3その4その5|その6|その7





HGUC 1/144 MSN-00100 百式 (機動戦士Zガンダム)


にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ ブログランキング参加中
よかったらクリックお願いします(^o^)/ →
今回は百式の制作続きです。

今回は腕部の制作です。
HGUC百式
前回の時同様に、色分けの努力が見えるパーツ構成ですね~
最初はどの方向につけるのか、分からなかったのですが、
はめてみて、びっくり!!

こうやって色分けを表現するのか~
と、目からうろこでした。
HGUC百式
そのほかの、金色メッキをはがさないように、
気を使いながらゲート処理をしていきました。

ニッパーを新しいものにしないといけないな~
切れないがために、メッキがはがれそうになる(^_^;)

HGUC百式
この後は、HGUCでは珍しい?
ガンプラデカールです、プラモデルに多く用いられている
水を使って貼るタイプの、水転写式のデカールではなく、
こすって転写させるドライデカールと呼ばれるものです。

マークの部分をはさみで、切り出し位置をきめて
セロハンテープで固定し、つまようじの丸い部分でゴシゴシと
転写していきます。MGのゼータプラスのときに
ガンダムデカールは貼ったことが、あるのですが


今回は平面ではないところの転写で、左腕の「百」の文字が
うまく転写せずに残ったので、もう一度こすったら
ずれました・・・orz






HGUC百式
光っていてさらに、おかしなことになっていますが。
ちょっとへこみました。

ドライデカールはずれないようにするのがコツですね
セロハンテープでしっかり固定することが、必要です。

あと、ゴシゴシしっかりこすらないといけませんね

まぁ、ハプニングもありましたが、腕部完成です。
次回はバックパックかな

HGUC百式
それでは、

<その4HGUC 百式製作 一覧その6>

【HGUC 百式 製作】
製作 一覧その1その2その3その4|その5|その6その7





HGUC 1/144 MSN-00100 百式 (機動戦士Zガンダム)


にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ ブログランキング参加中
よかったらクリックお願いします(^o^)/ →
百式の作成で~す。

今回は腰から上を作っていきます。
HGUC百式

胴体の組み立てを行いました。
色分けのために工夫されていました。
上の写真は、胸部のパーツをはめる前の段階です。

この状態から胸部のパーツをはめると、
HGUC百式

角度が違ってしまってわかりにくくなってしまいましたが、
うまく色分けを表現できていると思いませんか?

最近のガンプラは、塗装しなくてもよいようにさまざまな工夫が
行われいますね~


今回は短いですがこの辺で、それでは~

<その3HGUC 百式製作 一覧その5>

【HGUC 百式 製作】
製作 一覧その1その2その3|その4|その5その6その7





HGUC 1/144 MSN-00100 百式 (機動戦士Zガンダム)


にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ ブログランキング参加中
よかったらクリックお願いします(^o^)/ →
今日も百式を作っていきます。

まずは、太ももと腰の部分です。
百式の問題は、自分が映ってしまうことですね。
この辺を注意しながら写真を撮るのは
難しいです。

HGUC百式

メッキのガンプラもいいですね~
今まで、敬遠していたのが、もったいなかったです。
ただ、写真が撮りにくいですが(笑)

次は腰の組み立て
HGUC百式

スカート部分はほとんど、動かないですね~
ただ、バックはこだわりを感じます。
HGUC百式

ビームサーベルが外せるように、なっています。ビームサーベルを
構えているときに、腰のビームサーベルをはずしてリアリティを
出すことができますね~

メタリックの百式はずいぶん古いキットなのですが、
HGだけのことはあって、こだわっていますね。

HGUC百式
立ち姿は素晴らしいです。

今日はこの辺では制作終了です。
それでは、また~

<その2HGUC 百式製作 一覧その4>

【HGUC 百式 製作】
製作 一覧その1その2|その3|その4その5その6その7





HGUC 1/144 MSN-00100 百式 (機動戦士Zガンダム)


にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ ブログランキング参加中
よかったらクリックお願いします(^o^)/ →

まとめ