ひげ魔人のガンプラ&フィギュアコレクション日記
ガンプラとフィギュアの紹介を中心にブログを更新しています。
アヘッドスマルトロン最終回です。
最終回ついでに、アヘッドスマルトロンについての豆知識です。

スマルトロンの正式名称は
「アヘッド脳量子波対応型」で、制作記はじめに
書いたように、脳量子を使えるパイロットの搭乗が
前提の機体です。

また、このスマルトロンという聞きなれない名前ですが、
これは、スウェーデン語で「野いちご」という意味だそうです。
さらに「理想の場所」という意味も持つそうです。


さてここからは、完成したスマルトロンの写真を紹介していきます。
アヘッドスマルトロン

かなりのハイアングルからです。
なかなか、よくできた機体でしたね~
可動範囲もとても広いです。

HGアヘッドスマルトロン

今まで作ったガンプラの中でも相当動きます。
柔軟性は、人間を超えていますね(^_^;)

HGアヘッドスマルトロン

スマルトロンで残念だと感じたのは、腕の可動が意外に
狭いことでしょうか。
足や股関節といった部分は、よく動くのですが
腕の部分がすこし残念でしたね。

最近の発売では、O(オー)ガンダムやエクシアリペアⅡが
発売されていて、可動範囲も広いようですから
そのあたりも、作って見たいものです。



HG 1/144 アヘッドスマルトロン ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~HG 1/144 アヘッドスマルトロン

アヘッドのソーマ・ピーリス、
ルイス・ハレヴィの専用機です。
アヘッドの流用パーツが多いのですが、
ピーリスやルイスが好きな人は
ゲットでしょう(^o^)/
商品詳細を見る
スポンサーサイト


にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ ブログランキング参加中
よかったらクリックお願いします(^o^)/ →
今回は武器を作ります。
アヘッドスマルトロンについている武器は、次の3つです。

HGアヘッドスマルトロン

左からGNビームライフル(GNサブマシンガンに変形可能)
GNシールド、GNビームサーベル

GNビームサーベルは残念ながら、手持ちの部分まで
クリアパーツでした。

GNビームライフルをアップで撮影してみました。
HGアヘッドスマルトロン
いい感じにとれたと、自分では思っています。
上の写真と比べてもらうと、わかると思いますが
両手で持てるように、とってが飛ぶ出すギミックがあります。

HGアヘッドスマルトロン

HGアヘッドスマルトロン

装備させるとこんな感じです。写真がいまいちなんだよな~orz
もっとうまく撮れるように、練習していきます。

何が悪いか、分かる人は教えてくれると助かりますm(_ _)m

次は、GNサブマシンガンをアップで撮影してみました。
HGアヘッドスマルトロン

GNビームライフルからパーツを2つほど取り去るだけの簡単構成
装備した写真は、











撮り忘れました・・・
すいませんm(_ _)m



気を取り直して、GNビームサーベルです。
HGアヘッドスマルトロン
手持ちの部分まで、クリアパーツで表現されています。
設定では、GNビームサーベルはオレンジ色ですし・・・

このあたりは、残念ですね~
技術的にも無理なんでしょうけど(^_^;)

次回は、紹介できなかった
おまけ的な写真を、いくつか紹介したいと思います。

それでは~


にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ ブログランキング参加中
よかったらクリックお願いします(^o^)/ →
今回は、頭とバックパックです。

スマルトロンの頭部は、クリアパーツで表現されています。
クリアパーツの下は、メタルシールのシールを貼る構造に
なっていてクリアパーツが、いい仕事をしてくれます。

アヘッドスマルトロン

上の写真のようにシールを貼ってから、クリアパーツをつけます。
首の稼働には、ポリキャップが使われているのですが、
今までは、胴体側にポリキャップが付いていることが、
多かったのですが、スマルトロンは首についています。

このあたりも可動範囲を広げるための、ものなのでしょうか?

胴体組み立ての最後は、バックパックです。
スマルトロンの一番の見せどころ?

アヘッドスマルトロン


ゴールドパーツが使われた、大きなバックパック
何のためにあるのかは、よく知りませんがでかいですね~

脳量子波を使うには、これくらいの装備がいるのでしょうか
冷却用のようにも見えますが・・・


まぁ、なにはともあれ胴体部は完成しましたヽ(^o^)丿
アヘッドスマルトロン

足の可動部もなかなかのもので、立膝が可能
アヘッドスマルトロン

ガンダム00のHGシリーズはよく動きますね~
色分けはSEEDのときも、すごいと思っていたのですが、
可動範囲はガンダム00のすごいなという、イメージですね

ガンダム00のHGのキットは一つ買って損はないですよ~
次回は武器の組み立てですね、それでは(^o^)/


にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ ブログランキング参加中
よかったらクリックお願いします(^o^)/ →
アヘッドスマルトロン制作第五回です。
今回は腕を作っていきます。

ガンプラで一番めんどくさいと思ってしまうのが
この腕の部分なんです。なぜと聞かれても
答えようがないのですが、2つ作る必要が
あるのと、小さいところがつらい理由なのかな。

特にアヘッドの腕は、パーツ数が多くて疲れました。
アヘッドスマルトロン

パーツが多い割には90度までしか、曲がりません
もう少し動いてもいいんじゃない?と思わせる可動範囲
足に比べると、物足りなさが感じられる。

昔のキットに比べれば、異常なほどに可動するのですが・・・

アヘッドスマルトロン
腕を本体につけて、撮影ヽ(^o^)丿

ここまで来ると後はすぐです
次回には完成することでしょう、それでは!


にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ ブログランキング参加中
よかったらクリックお願いします(^o^)/ →
アヘッドスマルトロン制作4回目の今日は、
胸部を作って行きます。

スマルトロン専用の部分ですね、今までアヘッドの
流用パーツでしたが、ここからやっと、金色のパーツが使われます。

アヘッドスマルトロン

胸部の内部です。中央に丸い穴?があるのですが、
シールの上からクリアパーツをつける構造になっています。

アヘッドスマルトロン

シールだけでは、安っぽくなりがちなガンプラですが
クリアパーツが入ることで、何やら引き締まる感じがします。

このあと、肩のパーツを装着して、足と合体です。

アヘッドスマルトロン

だんだん、完成に近づいてきました。
あとは、腕と頭、バックパックを作ればほぼ完成・・・
書いていると意外と先が長いですね(^_^;)

まぁ、ぼちぼち頑張っていきます。



にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ ブログランキング参加中
よかったらクリックお願いします(^o^)/ →

まとめ