ひげ魔人のガンプラ&フィギュアコレクション日記
ガンプラとフィギュアの紹介を中心にブログを更新しています。
今日はターンAの写真をUPしたいと思います。

つや消しによる塗装を行って、雰囲気をだしたものになりました。
ターンA


ターンA

初めてつや消しの塗装を行いました。
フラットベースの配合などの詳細も、今後UPできればと
思っています。

水性ホビーカラーでは、ほとんどつやありですが、
つや消しによる塗装も、いい感じです。

塗装あとに、つや消しのトップコートを吹いて
完成させるのですが、下地がつやありとつや消しでは
同じようにトップコートをしても、全然違いますね~

みなさんも、お試しあれ!

下の写真は
ターンAにいろいろな、ポーズをとらせた写真です。
私が作ったガンプラの中で、一番、力を入れた作品ですねw

今は、友達の家に保管されていると思いますがw

ターンA

ターンA

ターンA

ターンAの作成は今回で終了です。
プレゼント用にかなり急いで、作ったので
写真がすくなくて、すいませんm(_ _)m

それでは~

スポンサーサイト


にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ ブログランキング参加中
よかったらクリックお願いします(^o^)/ →
ターンAの塗装、今回はウォッシングを行っていきます。
タミヤ製のエナメル塗料を使用しました。

実験の時とは違って、フラットブラックとフラットブラウンを
1:1で配合し、うすめ液を配合した塗料に対して
5~6倍に薄めて使用しました。

ターンA
胸部の右側だけをウォッシングしてみた画像です。
当初はスミ入れを、行う予定だったのですが、
つや消しの塗料を使うと、どうしてもうまく拭き取りができず。
ウォッシングに逃げましたw

つや消しの塗料で塗装するときは、注意が必要であることが
わかった瞬間です(^_^;)

ターンA

1/144 ターンAには付け替えで、ミサイルポットも付属しています。
ウォッシングを行うと、雰囲気が全然違いますね~

次回は、いよいよターンA完成の写真を紹介できると思います。
おたのしみに~、それでは


にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ ブログランキング参加中
よかったらクリックお願いします(^o^)/ →
ターンA、塗装2回目です。
前回は下地に白を塗装したところまで、紹介しました。

この白いターンAのパーツ上に、塗装を施していきます。
塗装した色は以下のカラーです。

黄色:イエロー
赤色:モンザレット
青色:インディブルー90%+ホワイト10%
灰色:ネービーブルー

ターンAに関しては、すべてつや消しで塗装をしたかったので
フラットベースを塗料3に対して、2の割合で混ぜています。

フラットベースとは、つや消し剤とよばれるのもで、
塗装するとつやがでる、塗料に対してこのフラットベースを
混ぜるだけで、つや消しの効果を得ることができます。
特に、水性ホビーカラーのつやありは乾燥が遅いのですが
フラットベースを混ぜることで、乾燥速度も早くするこができます。


青色は説明書に書いてある、色では紫色っぽくなったので
インディブルーを使ってみました。
塗装したパーツはこちらです。
ターンA

自分のなかでは、うまくいったと思うのですがいかかでしょうか
つや消し仕上げになっているので、雰囲気が今まで作ってきたものと
だいぶ違っていて新鮮でした。

ガンプラは半つや消しか、つや消しがいいのかもしれませんね
それでは、今回はこのへんで

次回は汚しについて、紹介したいと思います。


にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ ブログランキング参加中
よかったらクリックお願いします(^o^)/ →
1/144 ターンA作成、今回は下地の塗装です。
前回は合わせ目を消したところまで、紹介しました。
ターンA

今回は塗装について、紹介していきたいと思います。

ターンAに用いる色は、青、赤、黄色、グレーになります。
塗装を行う際、純色に近い色は基本的に、隠ぺい力が低いです。

隠ぺい力とは、下地を隠す力のことで、
白色の上に、黒色はうまく塗れますが、
黒色の上に白色を塗るのは大変です。

純色に近い、赤、青、黄色(←特に黄色)は
下地をうまく隠すことができません。
そこで、全体を白色に塗ってうまく色が塗れるようにします。

ターンA

白色も隠ぺい力が低いので、何度も白を薄く塗り重ねていきます。
このとき、一度に塗ってしまうのではなく、何度も何度も
薄く重ねて塗っていくことが大切です。
今回は、水性ホビーカラーの「つや消しホワイト」を
下地に使用しました。

次回は、この下地の上から各カラーを塗装していきます。




にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ ブログランキング参加中
よかったらクリックお願いします(^o^)/ →
1/144 ターンAの続きです。
前回はランナーを紹介しました。今回は合わせ目消しの作業に
ついて紹介していきたいと思います。

下の写真は足部のパーツです。
現在のキットであれば、多少の色分けは行われいるかもしれませんが
この通り、色分けが行われいません(^_^;)

この時代のキットは塗装を楽しむには、とてもいいキットですね
ターンA

合わせ目は思っていたよりも、目立たなかったですね~
技術も上がってきているのでしょうか?

ちなみに、FGのザクは合わせ目が・・・
FG 1/144ザクⅡ
足先に関しては、ずれが発生してしまっています。
このあたりの修正も楽しいのですが、
さすがにここまでずれると大変でした。

ターンAのキットはそういうこともなく、すんなりいけてましたね
ターンA

ランナーから切り出し、合わせ目消しの処理をした
ターンAのパーツです。

塗装するか、シールを貼るかしないと
色合い的に、寂しいキットですね

次回は塗装についての紹介です。
ターンAではつや消しの塗料を使って、塗装していきました。
そのへんのレビューもできたらと思います。

それでは





にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ ブログランキング参加中
よかったらクリックお願いします(^o^)/ →

まとめ