ひげ魔人のガンプラ&フィギュアコレクション日記
ガンプラとフィギュアの紹介を中心にブログを更新しています。
長かったアッガイ作製も終了して、
今回は完成したアッガイの撮影を行いました。

まずは正面から
HGUC アッガイ

写真では気になりませんが、実はすこしトップコートが
白くにごってしまっています。
吹きすぎには注意ですね

次には背後から撮影
HGUC アッガイ
何もしなくても、とてもいいスタイルです。
最近のガンプラが、どれだけ進化したのか伺えますね~

さてさて、正面に戻ってちょこっと、ポーズをとらせてみました。
HGUC アッガイ

いかがでしょうか?
私が作った中でも特にうまくいったので、
ついつい撮りまくってしまいました。

ただ、可動させると、肩や足の付け根の塗装が
ベリベリと剥がれてしまって、成形色が登場・・・

この辺は仕方ないと、割り切るしかないです。
最後に頭部のアップです。
HGUC アッガイ

以外とお気に入りの構図だったりします。
やっぱり、完成したときの達成感も最高ですが
自分の作ったものを、眺めるのもいいものです

みなさんも、ガンプラを楽しみましょう(^o^)/
次は、ヴァーチェを作らないと・・・


【HG アッガイ作製】
製作一覧その1その2その3その4その5その6
その7その8その9その10その11|その12|
スポンサーサイト


にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ ブログランキング参加中
よかったらクリックお願いします(^o^)/ →
アッガイの作製も終了です。

トップコートを吹いて、組み立ててみました~
HGUC アッガイ
いかかがでしょうか?

シャドーやドライブラシを行う前の写真はこちら↓
HGUC アッガイ


光の加減ではなく、やっぱりシャドーのやりすぎですね
ただ、ちょっとしたことで、全く違うものになりました。

今回はシャドーやドライブラシに挑戦してみましたが
これからも、どんどん挑戦していこうと思います。

この後、後ろのスクリーンを黒にして撮影しました。
HGUC アッガイ


かなりいい感じです。モデルに合わせて、
バックの色も変更して、撮影することが必要ですね
次回は、アッガイの記念撮影をしたいと思います。



HGUC アッガイHGUC アッガイ
発売日(2007/04/29)
かなり良くできたキットですし、ちっちゃくてとてもかわいいです

商品詳細を見る



【HG アッガイ作製】
製作一覧その1その2その3その4その5その6
その7その8その9その10|その11|その12


にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ ブログランキング参加中
よかったらクリックお願いします(^o^)/ →
アッガイ作製もそろそろ終盤です。

これ以上何をするのかと、思われたかもしれませんが
デカールを貼ってみました。

アッガイの専用のものはありませんでしたが
ジオン軍のマークや番号などのデカールを購入しました。

実は、デカールにはいい思い出がないのです。
子供のころ、車や軍艦を作ったことがあるのですが、
デカールを貼るときいつも失敗していました。

子供のころは特に、デカール=シールの感覚なので
無理やり台紙から、はがそうとしていました。
水につけるものだと、知ってからもよく失敗して破いていました。

ただ、今回のガンダムデカールには、
説明がついているので、その通りにしてみると
何の苦労もなく、貼ることができました。

貼りやすくなっているのもあると思いますが
以外と楽に貼ることができました。


これがデカールを貼り終えたアッガイです
HGUC アッガイ

04とはアッガイの型式番号MSM-04からとりました。
ジオンマークを胸に貼り付けて、いい感じになったと思います。

次回はトップコートを吹いて完成です。


【HG アッガイ作製】
製作一覧その1その2その3その4その5その6
その7その8その9|その10|その11その12


にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ ブログランキング参加中
よかったらクリックお願いします(^o^)/ →
アッガイの作製も9回目、今回の挑戦は
「ドライブラシ」
です。

ドライブラシとは、まず塗料を付けた筆を
ティッシュなど十分にふき取ります。
このパサパサの状態で、角などに
筆をこすり付けることで、輪郭がはっきりするというもの

今回はタミヤのエナメル系塗料の
クロームシルバーを使って挑戦しました。

まずは、挑戦する前の写真がコレです。
HGUC アッガイ

ドライブラシをしたのがこちら↓
初めてなのでかなり控えめですが・・・
HGUC アッガイ
バルカン砲や口の部分?などに施しています。
写真だとここまでわからないものなのか・・・

この後、頭の部分もやってみました
HGUC アッガイ
ドライブラシをする前の写真がなくてすいません
端の部分が、シルバーになっているのが
わかるでしょうか・・・

もう少し大げさにやっても、よかったなと反省です。

ドライブラシを知ったのは、かなり最近のことで
どんなものかも知りませんでした。

雑誌などには、簡単にできるように
書いているのですが、なかなか実行に移すには
敷居が高い気がしていました。
でも、かなり楽にできることがわかったので、
これからもやっていこうと思います。

今回はクロームシルバーでドライブラシに挑戦しましたが、
グレーやブラウンのようなものでも、いいそうです。

初心者からちょっと、抜け出した気にさせてくれますよ



【HG アッガイ作製】
製作一覧その1その2その3その4その5その6
その7その8|その9|その10その11その12


にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ ブログランキング参加中
よかったらクリックお願いします(^o^)/ →
アッガイ製作の続きで~す
今回はシャドーに挑戦してみました。

水性ホビーカラーのスモークグレーを
使ってみました。まずは足のパーツで
練習をしてみました。

失敗しても、アルコールで拭けば
水性ホビーカラーは溶けてしまうので便利です。
Mr.カラーの溶剤より、プラスチックへの影響も
少ないはず・・・(←たぶん)

トライしてみると、
溶剤の量が少なすぎたせいなのか粒子が粗い・・・

そこで、塗料と溶剤を1:1に調整(前回は10:1)、
少しパーツとの距離をとって(5cmくらい)吹きました。

今度は成功です、いい感じになりました。
溶剤を多く含ませることが、コツなのかな?
ちなみに、シャドーを吹く前がコレ
HGUC アッガイ

そしてこれが、シャドー吹きをした後のパーツです。
HGUC アッガイ
蛍光との下で撮影したのと、光の加減でだいぶ黒く
見えますが、実物はいい感じですよ

エアブラシを買って一度やってみたかったのが、
このシャドー吹きです。
また、コンパクトコンプレサーの圧力は、
グラデーションをするにはかなりいい感じです。

エアブラシを購入しているなら、ぜひ挑戦してみてください。


【HG アッガイ作製】
製作一覧その1その2その3その4その5その6
その7|その8|その9その10その11その12


にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ ブログランキング参加中
よかったらクリックお願いします(^o^)/ →

まとめ